当院で施行している主な予防接種について

当院で施行している主なワクチンについてご紹介します。

接種については完全予約制となりますので、電話もしくは窓口にて、お問い合わせください。なお現時点ではWebによるご予約は承っておりませんので、ご了承ください。

 

※肺炎球菌ワクチン、風疹ワクチン以外の予防接種も行っております。詳細は、上記「費用・接種スケジュール」から、ご確認ください。

 

​肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンは、65歳以上の死因第4位となっている肺炎のなかで、肺炎球菌によって、起こる肺炎を予防するためのワクチンです。

ニューモバックスNP:90種類以上存在する肺炎球菌の型のうち、23種類の血清型に効果があります。5年経つと効果が弱まるので、5年ごとの接種が勧められています。65歳以上は、5年ごとの節目の年に、一度だけ国の補助で公費による助成があります。名古屋市在住の方は65歳以上で初回の方は65歳以上の任意の年齢において、公費補助がうけられます。

プレベナー13 :肺炎球菌の13種の血清型に対応しています。ニューモバックスと異なり、プレベナーは一度接種すれば身体に免疫記憶がつくので、接種は生涯で一度でよいほどの長期間有効とされています。プレベナーの接種は任意接種(自費診療)となり、2020年からは年齢を問わず肺炎球菌による疾患に罹患するリスクが高いと考えられる患者さんの肺炎予防に適応が追加されています。

 

​風疹ワクチン

風疹ワクチンは、いわゆる三日ばしかといわれる感染症を予防するワクチンです。風疹は、発疹、リンパ節の腫れ、発熱の3つの症状が特徴的な急性ウイルス性疾患です。合併症を伴わない風疹は軽い症状で経過し、自然治癒しますが、妊娠3ヵ月以内の妊婦が風疹になると胎児に感染し、心臓や目・耳などに重篤な合併症をもたらす可能性がある「先天性風疹症候群」を引き起こすことがあり、妊婦さんは感染をしないように注意が必要となります。なお風疹ウイルスの飛沫感染が原因で人から人へ伝播します。

定期接種の機会がなかった層(昭和54年4月1日以前に生まれた男性)と、接種率の低かった層(昭和54年4月2日~昭和62年10月1日に生まれた男女)は、風疹にかかりやすい層であり、実際に2013年の風しん流行の中心となりました。

これらの層に属する方々は特に注意すべきであり、パートナーである男性も、風疹に対する免疫の有無を抗体検査によって調べ、免疫がついていなければ風疹ワクチンを接種することによって、社会全体の風疹の流行そのものを抑制し、周囲の妊婦が風疹ウイルスに感染しないようにすることが求められています。

風疹ワクチンは、1回の接種で95~99%の免疫ができると言われており、2回接種することでより高い予防効果を得られます。

妊娠する2ヵ月前までに予防接種を受けることで、妊娠中に風疹にかかるリスクを回避できます。

 

平成30年から令和元年にかけて発生した風疹の流行を踏まえて策定された国の風疹の追加的対策にもとづき、これまで風疹の定期予防接種を一度も受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、定期風しん(第5期)の抗体検査及び予防接種を無料で実施しております。

名古屋市では妊娠を希望する女性および、妊娠を希望する女性のパートナー又は同居人の方で条件を満たす方は無料で抗体検査及びワクチン接種が可能ですので、検査等の希望がある方はご相談ください。